前記事の中華料理 東東さんからの連食となりますのはこちら!!

DSC_0260

すみれ食堂さん!ちなみにこの看板の反対側は退色したためなのか店名が完全に消えており、潰れているのかとずっと思っていた案件。

産業道路はよく通るのですが、ずっとずっとそう思っていたとか内緒でw

DSC_0262

ちゃんと暖簾が出ており、営業してますね。

店舗、敷地でかいのになんで存在に気づかなかったのか?
やはり看板が(ry

暖簾くぐり入店すると

昭和の食堂感満載

なんだこの懐かしさ。

個人的な感覚だと

峠越えの途中の半分ドライブイン的役割をしていた昭和時代のお店といった感覚を強く覚えました。

町中華の昭和感とはまた違った昭和感がここにはありますね😀

14時近いからか先客0

窓際テーブル席が明るいからと案内されました。

DSC_0265

DSC_0266

メニューを拝見、ってかラーメン365円って価格設定まで完全に昭和。

どうなってるんだ、今時代は令和なんだが。

他所のお子様ラーメンより安い。

しかし他のオーダーも無い中、365円のラーメンでは申し訳ない感を強く感じてしまい、柄にもなく
ワンタンメンをオーダー。

するとおばちゃん店員は

ワンタンメン作れるかなぁ?ねぇ、ワンタンメン作れる??

と厨房にw

どうやらワンタンが残っていたようでオーダーは通りましたw

DSC_0268

卓上調味料。
ソースがあるあたり、食堂って感じですね。
箸入れも完全に昭和時代の代物ですね😀


そしておそらく、麺を茹でるお湯を沸かし直すところからやったのかな?
少し時間がかかりましたが、

DSC_0271

ワンタンメン着丼!!!

主役のワンタンがあまり目立たないビジュアルw
こう今みたいにインスタ映えやらそういうビジュアルにこだわりがない昭和時代を漂わせる一杯。
どこまで昭和なのだろうか😆

DSC_0272

まずはスープ!

これはまたガツンと強めの醤油感!
むしろほぼ醤油のワンマンショー。
今となってはかなり珍しい味のスープと言えますね。
最初は強い醤油感に戸惑いがありましたが、段々慣れてくるとこれはこれでありかな?も思えてきたり。

DSC_0273

熱々のスープなので湯気凄え!!

DSC_0274

湯気が収まってから、再撮影。
黄色いややウェーブがかったこれまた昔ながらの中華麺🍜
ノスタルジックな味わい。
とことん昭和感。

DSC_0277

そしてワンタン。
以外に沈んでたりもして、見た目より数が入ってましたね。
とりわけて旨い訳でありませんが、質より量で攻めてきますねw
多分六個以上はあったかな?
食べても食べてもなかなか無くならないw

500円でワンタンメンを食べられて、なおかつ昭和の空気を味わえるなら十分ありですかね。

一軒目でお腹が満たせない時にら365円のラーメンはいいかもしれませんね🤩

ごちそうさまでした🤗

※ラーメン等のレポはあくまでも個人的感想です。
味の保証をするものではありません事をご了承ください。


すみれ食堂

店舗情報

住所 群馬県前橋市大友町3-1-9


営業時間 10:45〜15:00

定休日 土・日曜日

現金後払い方式

駐車場あり