最初はとある町中華のお店を訪問したのですか、タッチの差でお昼休みに入られてしまい急遽向かったのがこちら!  

P_20190816_141208

P_20190816_135057

P_20190816_135101

森田屋食堂さん。
初めての訪問となります。

暖簾を潜り、入店。

常連と思われるお客さんが、紫煙を潜らせながら、テレビで競輪を見入って熱狂しているという
およそ令和の時代とは思えないレアか光景。
BS か何かでわざわざ競輪の中継流しているので、お店側も競輪好きなのかな?

P_20190816_135244

P_20190816_135250

ソースカツ丼が一押しの模様ですね。
町の定食屋さんと言った感じのラインナップですね。

にしても、ラーメン類はなかなか破格なプライス!
一番高いものでも650円

この値段であるなら、チャーシューメンを頼まない手はない。

と、チャーシューメンをオーダー。

P_20190816_140013

卓上調味料。オーソドックスですね。

程なくして現れました!

P_20190816_135859

P_20190816_135902

P_20190816_135907

P_20190816_135909

チャーシューメン着丼!!

小鉢までついて来るとはいえ予想外。
そしてチャーシューの多さ😁による迫力あるビジュアル!

P_20190816_135915

まずはスープ🤗
カエシ主体ながら、尖った感じはなくマイルドな仕上がりですね。
そばうどん屋さんが作るラーメンを地で行く感じのラーメンと言ったテイスト。
町中華のラーメンとはまた違ったノスタルジックな味わい。

P_20190816_135949 

基本のラーメンが手打ちだからこちらもそうなのかな? 食べ進めたらやたら太い麺があったりしたので。
山岸製麺さんの麺を仕入れているようなので、山岸製麺さんが作った手打ち麺なのか?
その辺は不明。

黄色いノスタルジックな麺、これといった強い個性はありませんが、オーソドックスなスープにはいい感じですね。

P_20190816_140135

そして主役でもあるチャーシュー。
五枚も載せられてます😁
みっちりとした肉感、気持ちしょっぱめな味つけ。
この一杯の中でよい意味で存在感を放ってます。
もっと出涸らし感の豚だろうなと思って居たのですが、これでご飯食べたくなります。

本命に振られての訪問でしたが、予想外のコスパ良好店でしたね。

店内の雰囲気、客層間で昭和ってのもいいですね🤗

美味しい一杯、ごちそうさまでした😸

※ラーメン等のレポはあくまでも個人的感想です
味の保証をするものではありません事をご了承ください


森田屋食堂

店舗情報 

住所 群馬県前橋市大渡町1-1-123


 

営業時間10:30~14:30/16:30~20:30 

定休日火曜日 

喫煙可 

駐車場あり